バイク買取比較

ライディングポジションを変更するには

一般に市販されているバイクは平均的な体型を基準としてライディングポジションを設定しているため、最適なライディングフォームに合わない時があります。そんなとき、自動車ほど運転者の体型に合わせてポジションを変更させることはできませんが、レバーやペダル類の位置を調整することによって、大きく乗り心地は変わってきます。ライディングポジションをセットすることによって無駄な力が加わらなくなるため、バイクの挙動がわかりやすくなり、スムーズな走行が可能になります。
ハンドルに取り付けられたブレーキやクラッチレバー類の調整は、レバーホルダーの取り付けボルトを軽く緩め、手で上下に動かして自然な姿勢でハンドルに手をかけた時に最もレバーを握りやすい位置に調整します。ハンドル自体の調整は、左右が独立しているセパレートハンドルと、一本のパイプを曲げて作られるバーハンドルとで異なります。セパレートハンドルの場合、ほとんどの車種では左右のハンドルがフロントフォークにつけられており、フォーク取り付け部の固定ボルトを緩めることで角度を調整できます。高さはスペーサーの取り外しが必要です。バーハンドルの場合、ハンドルプラケットを交換することによって高さが調整できます。